査定士が見ているのはココ!バイクの高額買取を実現テクニック5選

マイナス査定回避方法!これを実践すればバイク買取が高額に

高額に査定してもらうには

バイク買取の査定士は、車両のどこを見て査定しているのでしょうか。それを知れば、バイクの高額買取の望みが高まります。そこで、大切に乗り回した愛車を高値で手放すために、知っておくべきことを紹介します。

見ているのはココ!査定前に整備すべき箇所

バイクと電卓

ノーマルパーツを準備

バイク買取査定を利用する際、必ず元のパーツも準備して下さい。自分好みにカスタマイズしたまま査定を受けると、マイナス評価に繋がる恐れがあります。状態の良いノーマルパーツがあれば、マイナス査定が帳消しになる場合もあります。

エンジンのまわり

バイクのエンジンが正常に動くかどうかも査定に響きます。前もってエンジン調子を見るためには、クラッキングをしてください。クラッキングの音で、「ジャラジャラ」した音はカムチェーン、「カタカタ」した音はタペットやシム、「ガタガタ」した音はエンジンに異常がある証拠です。エンジンを鳴らして、これらの音が聞こえたら、即整備しましょう。

ガソリンタンク

ガソリン周りだけでなく、ガソリンタンクが腐食していないかチェックして下さい。外見で何ともなさそうに見えても、中身が腐食しているとエンジンがかからなくなります。査定時に、それが明らかになるとマイナス査定に響く恐れがあります。

ギアの状態

バイクのギアの状態も、査定に響く箇所です。ギアに異常をきたしている、あるいは異常な音を発した場合マイナス査定となってしまいます。バイクの走行の命とも言える部分なので、異常をきたしていないか前もって確認してください。

クラッチの状態

クラッチ盤の摩耗度合いチェックも忘れずに行いましょう。摩耗度合いが激しい状態だと、走行時に上手く加速できなくなるため、査定に大きく影響します。高額に査定してもらうためにも、細かなパーツ部分のチェックもかかさず行ってください。

査定士が見ているのはココ!バイクの高額買取を実現テクニック5選

バイク

売り時なら春と夏

バイクの買取査定金額は、季節に左右されるのはご存じですか。特に、高額査定の見込みがあるのは、4・7・12月あたりです。4月は入学・就職・転勤の通勤通学用や来月の連休でのレジャー目的。7月は、夏季休暇でのレジャー用。12月は、買取業者側のキャンペーン事情により需要が高まります。高く売れるシーズンの把握もバイク高額買取のテクニックです。

バイク

バイクの「年式」をチェック!

査定前に、まずバイク本体の需要を調べてください。人気の高い車種なら、中古でも高額な査定をしてくれます。逆に、人気の低い車種だと走行距離が短くても大きく値落ちします。闇雲に買取手続きを踏むのでなく、市場内の需要を知って愛車を少しでも高く売却しましょう。

バイクの状態と売り時を見極める!

バイクを高額に査定してもらうには、バイク本体の状態だけでなく、年式や市場の動向を探るのも大切です。これらのポイントを把握すれば、満足行く査定金額にしてもらえる可能性が高まります。

広告募集中