事故車を販売業者に見てもらう際の注意点!

車

事故車は無価値と決まったわけではない!

事故で傷ついた車は、決して無価値ではありませんよ!バンパーやドア、トランク部分が凹んだ程度の傷を持つ車は、事故車と決まったわけではないのです。車の基本骨格が損傷していない限り、車として見積もり査定してくれます。廃車として処分する前に、一度販売業者か買取業者に査定を依頼してみてはいかがですか?特に、高級な車や重機などの車両は購入ときに高い費用が必要だったはずです。それを、すぐに処分してしまうのは勿体ないでしょう。事故で大きな傷のあるものでも使える部品がまだまだあれば、希望以上の買取価格が付くことがあります。売りたいと思ったら、どんな状態であれまずは価値があるか見てもらうといいです。

車

高額買取にはテクニックが大切!

部品としての価値は生きているからと、普通に廃車の買取査定などに出すのは禁物です。安く見積もって買取る場合もあるので、まず踏み止まってから車の市場価値について調べましょう。車によって、市場価値は異なります。相場を知ってから買取査定に出せば、どこが高く見積もってくれるか明らかにしやすいです。

[PR]
金融車は高く売ることが可能
専門業者へ依頼すればアフターフォローもバッチリ

これは言った方がいい?「事故車」と言うべきか

事故車と言う

丁寧に、買取店へ「事故車」と申告すると、本来の買取価格の3割程度査定されます。事故車とは、車の基本骨格部分が損傷した車を指します。バンパーやトランクなどが凹んだ程度の損傷があるからと、事故車と言うと業者側も車の骨格まで損傷していると思い込んでしまいます。修理箇所で見ると、事故車に該当しない場合もあり得るので、極力「事故車」と申告するのは避けたほうがいいです。

事故車と言わない

事故車と言わなければ、言った場合と比べて費用が安くなる心配はありません。業者によっては、査定時に過去の修理歴について質問してきます。その際、修理した箇所だけを話す程度で抑えましょう。

買取店に判断を委ねる

売る予定の車が、事故車かどうか判断するのは買取専門店のスタッフに委ねたほうが良さそうです。軽く凹んだ程度の損傷があるからと、安易に事故車と決めつけると売却時に損する可能性が高まります。少しでも、高く売るためにも極力事故車と自分の口から発さないよう気を付けてください。

スタッフとのやりとりが重要

事故車は、廃車処分にするよりは部品としての価値を信じて売却したほうが、懐事情的にも安心です。しかし、査定の見積もりで提示される料金を高くするには、スタッフとのやりとりが重要なのは頭に入れておいてください。一円でも高く事故車を売るために、「事故車」と申告しないことを心がけてください。

[PR]
事故車の引き取りが便利
動かない車も回収してくれる業者の魅力

[PR]
廃車の処分なら料金をチェック
条件次第で無料取引!

[PR]
事故車販売業者を利用!
事故でぶっ壊れた車も現金で買い取ってくれるのでお得!

キャンピングカーを広島で購入☆

広告募集中